Sandvox日本語マニュアル

Capture2

Capture3

工事中

Capture4

工事中

Capture5

工事中

Capture6

工事中

Capture7

工事中

Capture8

工事中

Capture9

工事中

Capture10

工事中

Web上には沢山の無料CMSやブログ登録サイトなどあります。

お金と手間がかからずにすぐにHPを立ち上げられる。

でも

ちょっと待ってください、重要なポイントが一つ抜けています。

せっかく自分で時間をかけてコツコツと作成したコンテンツ全てが、人質に取られてしまうことです。

ほとんどのWeb作成サービスサイトでは、HPコンテンツの一括引っ越しができません。

一度作り上げたHPコンテンツを運用コストや、利便性から他のサーバーへ移し替えたり

自分のPC内に一度HPを作ってからサーバーへ移すことができません。
個人的にそのようなHPの運営はリスクが高いので避けています。(ディーラー広告もいやなので)

最近はレンタルサーバーが非常に手頃な料金で借りることができます。

じぶんのサイトを公開するのなら、Sandvox のようなHP作成のアプリケーションを利用して運用することをおすすめします。
(このサイトもすべてSandvoxで作成されています)

たとえば、『さくらレンタルサーバー』などを利用すれば月額129円で10ギガバイト使えます。


仮想店舗の家賃が年間2,000円以下で済むのです。

運営コストの負担も少なくてすみます。

PayPalなどの決済するための金融機関を利用すれば、簡単に電子決済の仕組みも取り入れることができます。

Sandvoxの利点は何と言っても、PCがネットワークに接続されていなくてもHPの修正や加筆が簡単に行えることです。

ちょっとした空き時間で、外出先でネットワークがなくてもHPのメンテナンスができます。

(もちろん修正したものをどこかの時点でアップロードする必要はあります)

ワープロ感覚でHPを作れる! 

ホームページ作成初心者には特におすすめではないでしょうか。

HTMLやCSS、JQueryなども利用できます。

自分独自の仕様を簡単に組み入れることもできるので拡張性もあります。

ここではSandvoxを使ったHP作りを初心者向けに解説してゆきます。

自分のHPを自由に楽しく作りたい。

一般小売店の方でネットビジネスにも挑戦したい。

そういう人にメリットがあるように解説いたします。

Sandvoxを使う際にはHTMLやCSSと行ったWebプログラミング言語は特に必要としません。

しかしプログラミング言語が使えるとさらに凝ったHPが作成できます。

焦らずにゆっくりと、SandvoxでHPを作成しながらWebプログラミング言語を勉強されるのも良いのではないでしょうか。

プロフェッショナルになるとSandvoxのテンプレートまで作成できるようになります。

Karelia Software社はテンプレート作成のデザイナーキットを無償で配布し、Sandvoxの構成デザイン仕様を公開しています。

海外ではSandvox用のテンプレートを販売するサイトもあります。

このサイトもBlueball Design 社から購入したテンプレートに私独自のアレンジを加えて使用しています。

この講座ではデザイナーキットについても解説してゆきたいと思います。








ここにコメントが挿入される
会社概要 特定商取引 個人情報の収集 
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.