マイクロUSB&ライトニング

最近パソコンショップを訪れる方でスマートフォンの通信・充電ケーブルを購入される人が増えています。

一つには、スマートフォンがいろいろな機器と接続できる環境が整ってきたからではないかと思います。

スマートフォンで撮った写真を大型ディスプレイで観る。

スマートフォンで撮ったビデオをテレビを使って家族揃って鑑賞する。

そのような使い方が、日常的になってきたのかなと感じています。


それともう一つ

携帯電話(ガラケイ)からスマートフォンへの切り替えを希望される方が増えてきました。

携帯通信会社が、従来の携帯電話からスマートフォンへの切り替えを促しているのも大きな要因かと思いますが….

特にご年配の方について、私は家族から半強制?的な要望が強いのではないかと思っています。


息子さんや娘さんからの要望ではなく、お孫さんからです。

彼らとのコミュニケーションにスマートフォンは必要不可欠な道具だからです。

LINEやInstagramなどのツールで写真やスタンプを使ってメッセージを送る。

10代、20代の世代では相手に普通に電話をかけるような感覚で、現代社会では当たり前の世界になっています。

当然仲間に入れてもらうには、従来のガラケーと呼ばれる携帯電話では入れてくれません。

Refuse(お断り)されます。


そのせいか、ご年配の携帯電話からスマートフォンへの買い換えが急速に増加しています。

値段に敏感なこの世代の方々に対して、さらに低価格を全面に打ち出した格安SIMとの連携を連呼するテレビコマーシャルが拍車をかけています。


ただし、従来の携帯電話よりスマートフォンの消費電流が大きいのでバッテリーの消耗が早くなります。

その結果、車で移動中にシガライターから充電したり、複数のACアダプターを家の中に設置して充電するような状況になっているようです。


そこで問題となるのが、スマートフォンとACアダプターの間を接続するUSBケーブルです。

ACアダプタ側のコネクタは問題ないのですが、スマートフォン側のコネクタ形状が問題となります。

スマートフォンと言ってもiPhoneとアンドロイドでは形状が異なります。

lightning

iPhoneはライトニングケーブルなので明らかに形状が異なるため、判別は容易に行えます。


問題は、アンドロイドなどで使用されている小型のUSBコネクタです。

一昔前の携帯やPC周辺機ではUSBミニタイプのコネクタが使われていました。


ミニタイプにはA,Bの2種類がありちょっと紛らわしいです。

規格についての詳しいことは、ウィキペディアに掲載されていますのでご興味のある方はこちらをどうぞ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ユニバーサル・シリアル・バス


現在では、アンドロイドタイプのスマートフォンはUSBマイクロのコネクタタイプを採用しているためパッケージにUSBマイクロと表示されていれば大丈夫なのでが……..

ひとつ氣をつけなくてはいけないことは、充電専用のケーブルと通信・充電両方対応しているケーブルの2種類あると言うことです。

100円ショップなどで安いから購入したら、充電専用ケーブルでPCと接続してデータのやりとりができないと言ったことにならないよう気をつけてくださいね。



会社概要 特定商取引 個人情報の収集 
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.