教室とIT 其の1

次へ

桜が咲き始めた4月の第一週から、私の本格的な教育現場でのICT支援員として活動が始まりました。

現在、公立校と私立校の2校で小学校から高校までの全学年に関わっています。

私立学校では全教室にWifiのAccessポイントが設置され、教師のPCと移動式のプロジェクターを用いて授業を行っています。

今年からは本格的に英語のディジタル教科書を導入、英語の発音や場面想定でのConversationなどに大活躍です。

無線方式なのでプロジェクタへのケーブル接続がないので、自由に先生は教室を歩き回りながら授業を進めることができます。

音声はBluetoothで音質がよく、大音量でも音の割れない小型無線スピーカーを利用。

学校での機材環境は本当に良くなりました。

しかし、企業内でのプレゼンテーションのようなプロジェクターの使い方は、学校での授業環境ではまだ無理があるように感じます。

ただし、Wifiの接続設定は昔に比べてダントツにやりやすくなってはいますが、通信エラーはやはり皆無ではなくランダムに発生してしまいます。

先生が授業中に通信エラーで画面が固まったり、音声が出なくなったとき

そこでの対処を授業と並行して行うことは精神的に大きな負荷になります。

そのためにもICTを支援する体制が必要となります。

授業で効果的にICT機材を利用するにはどういった環境作りを行えば良いのか、教室の一番後ろで、一緒に授業に参加させていただいています。

学生時代にタイムスリップしたような不思議な気分ですね。

一クラス40人ほどの生徒の中に、昔の自分とおなじような行動を起こす生徒に遭遇すると、思わず、”あのときの自分は第三者からこのように見られたのか”などと感傷にふけってしまうこともよくあります。

教育現場でのディジタル機材の使われ方がこれから劇的に変化してゆく予感を感じています。



会社概要 特定商取引 個人情報の収集 
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.