スマートフォンのモバイルデータ量をシェアできる時代に

最近、シェアリングという言葉を良く聞かれるのではないでしょうか?

カーシェアリングなどはその典型で、車を一人で所有するのではなく複数の人と共有する。

確かに、自分で車を所有していても実際に使用している時間は少なく、駐車場においている時間の方が多いのではないでしょうか?

それならば使いたい時間に使いたい時間分の費用で車を利用する。

自分で駐車場を用意することも、車庫証明を取る必要もありません。

車を利用するという行為だけにお金を払えば良いわけで、車を所有することに固持しなければ非常に合理的なシステムです。


ところで


あなたのスマートフォンの通信データー量はどのくらいを契約されていますか?

一般的な人で5Gバイト〜7Gバイト、Youtube等を頻繁に閲覧する人であれば、20gバイト〜50Gバイトと程ではないでしょうか。

ソフトバンクのギガモンスターなど、大量データーを付与するサービスがここ最近注目を浴びています。

私も30Gのギガモンスターの契約をしていますが、実際には30G使い切ることはなく、毎月10G程度持ち越しをしています。

希望としては1G単位でリーズナブルな金額で契約できれば良いのですが

通信会社にとっては管理業務が煩雑になるのでいやなのでしょうね。


そこで

もし、余ったデーター量を他人に販売したり、貸し借りができるとしたらどう思いますか。

家族同士等では通信データを分配できるサービスは現実にありますが、全くの他人に行うことはできません。

日本国内だけでなく世界中の誰にでも余った通信データ量を販売もしくは社会貢献に利用できるとしたら面白いと思いませんか。

それを行おうとしているプロジェクトがあるのです。

それが、MOOVERというプロジェクトです。

スクリーンショット 2017-11-21 9.53.18


MOOVERは、世界中のモバイルユーザーと 余ったモバイルデータ通信量の シェアを可能にし、世界中の誰もが、より安く、より快適に 本当に自由なインターネットを 手にするためのプロジェクトです。

現在、このプロジェクトへの開発資金を提供している人を募集しています。

資金提供者には提供資金額に応じた電子通貨(MOVEトークン)が付与されます。

ICO(Initial Coin Offering)という仕組みで、株式公開(IPO)と同じような仕組みで、出資者を募りそれに応じた利権が付与されます。

出資最低金額は$100で日本円で約1,3000円ほどです。

募集は2017年11月22日12時から コントリビューション 事前登録が開始され、登録した方のみMOVEトークンを購入可能となります。

詳細はこちらのサイトをご覧ください:https://crypto-click.com/moover/lp/ja/

プロジェクトが成功すれば、その見返りとして高額な利益を得ることができます

未来に向け楽しい夢を見ることができるかもしれません。


会社概要 特定商取引 個人情報の収集 
Copyright (c) 2013 Data Pract. All Rights Reserved.